「速トレ」体験談

東京都在住  門田 正敏 さん

私は31歳の普通のサラリーマンです。
もともと本を読むことが少なく、正直読書するのも苦手でした。

文字が沢山書かれていて、尚且つ絵が少ない。
しかも読書していても本の内容がまったく頭の中に入らず、 最終的に読み終わっても、物語を理解できずに終わってしまいます。

また、仕事上、1日に確認する書類の枚数は多い時で約50枚ほどで、 読書が苦手な私にとっては毎日苦になるほど大変な作業でした。
しかし仕事上確認しなければいけない作業なので、 苦でも必死に毎日書類を時間を掛けて確認していました。

こんな悩みを持っていた私ですが、当時の友人が 最近「速読」にハマっているとのことで嫌々話を聞かされました。

その友人も元々読書など文字を読むことが苦手だったらしく、 克服するために「速読」を始めたとのことでした。

実際に話を聞くと、「速読」を身に付けると、読書速度が向上するのは 勿論のこと、本に対しての理解度、情報を引き出す速度が速くなり、 より一層読書を堪能することが出来るとのことでした。

私は友人の話を嫌々聞いていたものの、話が終わった時には 興味が湧いてしまい、「どうしたら速読出来るか」詳しく話しを聞きました。

その時、友人に勧められたのが無料で利用が出来る「速トレ」です。
私は「無料」とのことで、その日帰宅しパソコンに向き合い すぐさま「速トレ」を始めました。

読書や文字を読み取るのが苦手な私ですが、 速トレはゲームの様な感覚で楽しみながらトレーニングができ、 とても速読のトレーニングとは思えませんでした。

視野拡大トレーニング

私は無料の「速トレ」で出来る6種類のトレーニングでは物足りず、 速トレーのホームページに表示されていた 「斉藤英治」さんが監修した「スマートリーディング」というソフトが 気になってしまい、吸い込まれるかの様にソフトの広告を見ていました。

「斉藤英治」とは世界的な脳科学の権威で、速読・高速音声研究の 第一人者として有名で健康英和研究所所長です。

最初は「パソコンソフトだったら絶対に高いだろう」と 薄々感じながらも値段を確認しました。 すると予想を覆すほどの低価格で、なんと「9800円」でした。

もちろん私は、すぐに購入し実際に「スマートリーディング」で 速読トレーニングをすることにしました。

速読ソフト

無料の速トレと比べると、やはりトレーニング方法や機能も増えており、 マニュアルも詳しく記載してあるので、私でも簡単に 速読トレーニングすることが出来ました。

例えば「視野拡大トレーニング」を比べると「速トレ」は見た目もシンプルで、 設定も一定のまま。しかし「スマートリーディング」は、 画面も見やすく設定も常に変更出来るので、 トレーニング効果としては抜群です。


私は仕事から帰宅した際にほぼ毎日「スマートリーディング」を 使って速読トレーニングをする日々が続きました。


そんな中、習慣的に速読トレーニングをしていたわけですが、 気づいた時には、仕事上でやっていた書類の確認をするという 作業が苦になっていませんでした。


そんな速読トレーニングの効果を実感した私は、 その日仕事帰りに本屋に寄ってみました。


本に関しては全くの無知だったので、とりあえず人気コーナーにあった 小説に軽く目を通してみました。

すると目を通しただけなのに、その小説の内容が頭の中に入ってきました。 私は衝撃を受けて思わず声を出してしまいました。


そして、その日は5冊ほどの分厚い小説を購入したわけですが、 その日のうちに半分の小説を読み終わってしまいました。

1冊の小説に掛けた時間は約1時間ほどでした。 しかも各小説の内容も頭の中に入ってくるし、 読書している時間が物凄く楽しい。こんな嬉しいことありません。


私は、過去読書が苦手で一切本を読むことが無かったのですが 今現在は毎週様々な本や小説を読んでいます。

これも「速トレ」「スマートリーディング」、 速読に関して色々教えてくれた友人のお陰です。 今でも本当に感謝しています。

「速読なんて絶対に信じない」「読書することが大嫌い」そんな考えを 持った方は、まず悩む前に実際に無料の「速トレ」からでもやってみましょう。 読書している時間をより一層楽しむことが出来ますよ。