速読の歴史

約30年前の速読法というのは、ただ早さだけにこだわっていました。

目の動かし方を鍛えて、本全体を見て、少ない動きで速く文字を読んでいくという方法で、 速くは読めますが、理解や知識の習得には程遠いものでした。

その後、欧米型の速読法で、本の内容をイメージとして写真を撮るように脳に記憶する方法が利用されました。

優れた速読法でしたが、目的別に対応していないものがあったので、そこで開発されたのが目的別に利用する速読方法です。

知識を吸収しなければならない専門書、必要な重要な部分を頭にいれなければならない試験対策、 内容を理解しながた楽しむための小説などがあります。

現在の主流になっている速読は単に速く読むだけでなく、理解度を高め、記憶力も上げていく速読法です。

速読の目的は早く読むだけでなく、本から情報を得て知識にすることです。