速耳と速読の相互作用

まず”速耳”とは、その名の通り、速く聴く技術で、
主に高速変換した音声を聴くなどして、
普通だと左脳だけで処理されているのが、
右脳も同時に使えるようになります。


そのため頭の回転が速くなり
思考速度も記憶速度も速くなるのです。


また左脳だけで学習している時と比べて、
右脳、左脳の両方の脳を使うことによって、
集中力も向上し、脳が疲労することも無く、
長時間学習が出来る
ようになります。


これがすぐに実感できる効果の一つです。


次に”速読”とは、文章を早く読むための技術であり、
身に付けるためには、視野を広げたり、
理解度の向上が必要ですが、
さらに情報を引き出す速度を改善する必要があります。


”速読”を身に付けてしまえば、
本を読むのが早くなるのは勿論、
あらかじめ意識下で活字情報を処理させて、
内容の高い情報処理が可能
になります。


以上の”速耳””速読”ですが、
この技術を同時進行で行うことにより、
更なる右脳の活性化
に繋がるのです。


方法としては、まず読んでいる文章を読み上げたものを、
倍速再生し、聴き取ります。


スピードリスニング

※高音質速耳ソフト『スピードリスニング』を使って、録音した音声を倍速化させる


スピードリスニング

※倍速化させた音声を聴く


そして、速読トレーニングソフト『スマートリーディング』を使って、文章を速読します。


スピードリスニング

※『スピードリスニング』を使って速読をする


このように、”速耳”と”速読”を
組み合わせたトレーニングをすることによって、
右脳が活性化され、頭の回転率、集中力が向上し、
さらなる”速耳”、”速読”の技術
が身に付きます。


注意しなければいけない点が一点あります。
”速耳”のトレーニングを効果的に行う際は、
音質の劣化なしで音声を倍速化する必要があります。


音質の劣化ありの倍速音声だとそもそも聴き取ることができないため、
速耳トレーニングを行っても意味がなく、
”速耳”の効果を実感しづらくなってしまいます。


しかし、

速耳トレーニングソフト『スピードリスニング』

であれば、ネット上の音声やCD、DVDなどの数多くの
音声や動画を高音質のまま倍速再生でき、
iPodやウォークマン、MP3プレイヤーはもちろん、
iPhone、スマートフォンなどの携帯電話にも
出力が可能なので、”速耳””速読”の組み合わせた
トレーニングには、最適で高い効果を実感することが出来ます。